外壁塗装のメリットを紹介!地域に密着した業者ならすぐに対応可能

耐久性の高い塗料とは

ローラー

環境に合わせて塗料を選ぶ

住まいの屋根や外壁は常時紫外線にさらされていて、表面の皮膜がはがれて粉をふいたような状況に変化していきます。この症状をチョーキングと呼びます。住み始めてから10年から15年を過ぎると、このチョーキング症状が現れて外壁塗装が必要になります。比較的気候の穏やかな埼玉県の住まいも、雨風などの天候不順により外壁がひび割れを起こしたり、症状が悪化すると雨漏りに繋がります。埼玉県にある外壁塗装業者では4,5月と9,10月が繁忙期で、さまざまな場所で足場を組み外壁塗装を行っている風景を目にします。塗料はさまざまな金額のものがあり、耐久年数に比例して価格が高くなっていきます。埼玉県の外壁塗装業者で良く使われる塗料は、顔料と添加物、合成樹脂材を混ぜ合わせたものを使用します。顔料は表面の色艶を決める役割があります。添加物は皮膜を均一に塗る事ができるようにしてくれます。そして合成樹脂はシリコン、ラジカル、フッ素など保護する力の違う素材を使用していきます。広く使用されるのがシリコン合成樹脂で、10年から15年の耐久性があります。長期間塗り直しをしなくても良いものもあり、ラジカル樹脂が12年から15年、フッ素樹脂においては20年近くの耐久性を持ち合わせています。また、合成樹脂には油性と水性があり、雪や雨の多い地域では水はじきのよい油性を使用されることがあります。他にも壁の材質や日当たり、周囲の環境によって使用する塗料が変わるので、埼玉の業者と相談して決めていきましょう。

Copyright© 2018 外壁塗装のメリットを紹介!地域に密着した業者ならすぐに対応可能 All Rights Reserved.